HOME > メリット・デメリットについて

メリットとデメリットを理解し会社設立の判断材料にしよう

会社を設立するとメリットもありますが、当然デメリットもあります。どちらがみなさまにとって有益かを理解した上で、会社設立にのぞみましょう。

メリット

  1. 当然のことですが、法人のほうが社会的な信用を得ることができます。
  2. 会社という形態をとることでより節税を図ることができます。
  3. 個人事業主は無限責任ですが、株式会社は有限責任です。

デメリット

業績のよしあしにかかわらず、毎期7万円の法人住民税の均等割の納税義務が生じます。

会社をつくるか否か!

ここで、資本金1円の会社をつくるメリット・デメリットについて触れたのは、会社設立を考えている皆さんに法人として事業を始めるのがいいのか、それともはじめは個人事業主として 始めるのがいいのかを考えていただきたかったからです。

  • 現在個人事業を行っており、収入が増えてきたので法人のほうが節税になる!
  • リスクの大きい仕事なので、無限責任の個人事業では心にゆとりがもてない!
  • 介護事業を始めたいので、介護事業者の指定を受けるために法人格が必要だ!

というように目的がはっきりしている方は、会社を設立するべきです。

一方で、目的がはっきりしないのに資本金1円で会社がつくれるならつくってみようなどと、安易に考えている方がいたらもう一度良く考えてみていただきたいと思います。個人事業で始めた場合と法人として事業を始た場合、どちらが自分にとっていいのかをシュミレーションしてみてください。

会社を設立するということは、皆さんにとって一生を左右するほどの決断だと思います。もし、判断に迷うようでしたら、ご気軽にご相談ください。どちらが最良の選択なのかをともに考えさせていただけたらと思います。

 
小関行政書士事務所
所属:石川県行政書士会
〒920-0022
金沢市北安江2-24-13
営業日:月~土曜日

最終更新日 2013/03/19